ペーパードライバースクール北関東

Paper driver school ペーパードライバー教習の様子をご紹介します!

経験豊富な指導員にお任せ下さい!日々のペーパードライバー教習の様子をご紹介します。

栃木県 小山市のペーパードライバー教習はペーパードライバースクール北関東。

栃木県 小山市在住のペーパードライバー歴4年の方。

仕事で軽自動車のトラックを使うことがあり一般道を走ることは問題なくできる様子です。

実際走って貰い円滑な走行をされました。

しかし、コンビニエンスストアからの出口の真ん中から出ようとしたので左に寄って停車するよう伝達致しました。

苦手なところが特にバックでの駐車であり、重点的に練習したいとのことで依頼されました。小山市内の一般道を少し走り、よく行くと言うことでモールに行きました。

バックで近づいて左側から右側から停める練習を実施致しました。ハンドルは行きたい方向に回すと良いことを説明してから行いました。初めは車が近くに停まっていない駐車場を選んで練習を行いましたが話しをお聞きすると隣に他の車がないと目印がないので停めにくいようなことを仰るので隣の車はあってもなくても余り気にせず駐車場の白線を目印に近づいて貰い、後はハンドルを回して並行にすることに専念して貰いました。

暫く練習してから他の車の間に駐車を行いました。

ハンドルを回し過ぎて白線に乗ってしまったり、間隔を空け過ぎて運転席側が狭くなってしまったりと色々な状況になりましたが如何なる状態になっても立て直すにはどうするかを学んで頂きだんだん慣れて楽しい気分になって来たと仰っていました。

その後、家に戻る途中のスーパーマーケットに移動して、バックで駐車する練習を繰り返しましたが左側に近づきすぎたり、右側のミラーを全く見なかったりすることもありましたので、自分から見易いところだけでなく、それこそ隣の車のフェンダーやバンパーなどに近過ぎないかどうか等、常に気にして不安な部分があればすぐに対応することが重要であることをお伝えしました。前に進みバックで修正して真っ直ぐに停めて終わりと致しました。

今回の教習は役に立ちましたと仰って下さいました。

 

栃木県小山市のペーパードライバー講習はペーパードライバースクール北関東で。

カテゴリ
2020年11月22日掲載

前橋市のペーパードライバー講習はペーパードライバースクール北関東で。

1回目
群馬県前橋市の女性ペーパードライバー歴8年とのことですが自家用車を家族から譲って貰ってこれも良い機会なので練習して走らせたいと依頼されました。


今迄全く走ってないので怖いとのことでしたが走り方の話しだけしていても仕方ないので取り敢えず走らせてみましょうと運転席に座って貰いました。

駐車場から道路に出る場所にマンションの住人の自転車がとても沢山止まっていて狭いのですが何とか横をすり抜け出て速度をあまり上げなくても大丈夫そうな道を選んで走らせて頂きました。怖いと仰りながら走り左右の白線の内側を通ることに専念していれば大丈夫とお伝えして暫く走りました。少しだけ慣れたところで行きたいと仰っていた前橋のコストコに近づきましたので「横を通るので入ってみませんか?」と言って駐車場に停めてみました。少し落ち着きましたか?と聞くと怖いとのこと。

また、怖さの原因は何かを聞くと誰か飛び出してくるのでは?とか対向車がこっちに向かって来るかも?など気になるとのこと、それはある程度相手を信用しましょうとお伝えして私達の車も相手から見たら怖い存在と言えることは同様で大丈夫と考え、もし近づいて来たらブレーキを踏んで下さいとお伝えしました。

そのあと、またあまり太くない道を通ってマンションに戻り、停めている駐車場に入る練習をして運転席から見えるのと、実際どのくらいの距離かをいちいち降りて確認しながら、「あぁ、これだけ空いてますね」とか「結構離れているんですね」など目視して2、3回停めてみてコツが少し分かったところで終了致しました。


2回目
今日も自家用車で実施して前橋市のコストコに行きました。駐車場に後ろ向きで左側からと右側からとバックで停める練習を8回程行ったのですが最後にハンドルを真っ直ぐにする時の反対にハンドルをどちらに切るのかどうもよく分からないとのこと。行きたい方にハンドルを切るということからすると例えば後ろに下がっている途中において、車の前側が少し左に向いている場合修正して真っ直ぐに停めるにはハンドルを左に切りながら下がりますと車の前側は右に移動して駐車場の白線に並行になるのですが行きたい方が右なので右ではないのですか?と言われるので修正する時は反対に回すのが良いということを覚えて頂きました。次に今後通うかもしれないというスポーツジムに行って見たいとのご希望で行ってみました。二車線ある道路を真っ直ぐに走って行くと行けたので何となく慣れれば来れそうと仰っておられました。最後にマンションに戻り、停めている駐車場に入る練習して停めてみて少しだけ左側が狭く前に出て後ろに下がる際に右側に移動させることが出来たところで終了致しました。

3回目も自家用車で練習を実施して今迄に良く通っているお店に行って見ました。少し入りにくい駐車場に後ろ向きでモニターを見ながら停めて次にネイルサロンとクリニックにナビを設定してそれぞれの駐車場に入りそれぞれにバックで停めて最後にイオンに行って車と車の間に4回程バックで停めて帰途につきました。最後に自宅の駐車場にバックで停めて終了致しました。

 

群馬県前橋市のペーパードライバースクール北関東で。

カテゴリ
2020年11月18日掲載

群馬県 高崎市のペーパードライバーの方はペーパースクール北関東で。

群馬県 高崎市 30代のペーパードライバーの方です。


高崎駅の東口で待ち合わせし、4年程ペーパーで車は運転していなかったため、一通り教習車の扱い方を説明、その後運転して貰ったあと、駐車場でバックの練習後、17号線で前橋市に行き、高崎市の駐車場で練習して、17号線走って車線変更などをして、植木屋さんに行ってトイレ休憩、また17号線で高崎市に走りこの間国道17号の車線にて車線変更、右左折の練習して、前橋駅に戻り終了しました。かなり思い切りの良い方でアクセルの踏み方が大胆で踏み込みがち、ハンドルも切り方が急な場合がありましたのでもう少しゆっくり操作をお願いしました。運転する技量はハンドルとタイアの関係がどうでしたっけ?と言う時もありましたが落ち着いて考えれば後退や右左折の仕方が理解出来ることを身に付けられているように思われました。

群馬県のペーパードライバースクール北関東で。

カテゴリ
2020年11月15日掲載

群馬県のペーパードライバーの方はペーパードライバースクール北関東で。

今回の教習レポートは、群馬県にお住まいのペーパー

ドライバー暦20年の女性の方です。

お子さんの送り迎えをしたいとのご希望で、お申込みを

頂きました。

 

ハンドルを握るのは久しぶりで不安があるとのことでした

ので、先ずは助手席にご乗車頂いて私の運転操作を

観察して頂くことにしました。少しずつ思い出したところで

運転を替わり、群馬県内のかかりつけの病院まで行きま

した。駐車場で駐車を試みましたが、思うようにいかず、

駐車練習をしたいとのリクエストを頂きました。そこで、

広いスペースの駐車場まで向かい、駐車方法の基本を

指導したうえで練習して頂きました。車室内の数10cm

の平行移動が、なかなか思うようにいきませんでしたが、

少しずつ、勘を掴んできたようでした。

 

2~3日目は、群馬県のショッピングモールまで運転して
もらうことにしました。途中2車線の国道で車線変更の
練習をしましたが、移ろうとする車線後方の車両との
間隔をドアミラーで確認するのが難しかったようで、
かなり苦労されていた様子でした。そこで、車3台分の
スペースが確保できるところでスピードを落とさずに、
ゆっくりと車線を移るようアドバイスすると、少しずつ
ですが、スムーズに車線変更できるようになりました。
終始、安全確保を最優先して運転されていたよう
なので、特に心配はありませんでした。
カテゴリ
2020年11月13日掲載

高崎市のペーパードライバー講習はペーパードライバースクール北関東で。

今回のペーパードライバー講習は高崎市に住む30代の方です。

 

免許取ってから1度も走ってないので、不安が強いため依頼したとのことです。

お客様の希望で、自家用車で教習を始めました。高崎市内をゆっくりと走る様子を確認し、何となくセンターラインに近いのでキープレフトをお伝えしてやや左側を保持して走って貰いました。

その後、やや狭い電気屋さんの駐車場に入ってからバックで駐車して見ました。その時、ハンドルを切り過ぎる傾向が見られるので車の動きを実際に良く見て細かくハンドルの回し方を調整すると良いですとお伝えしました。また、駅に行きたいと仰るので運転して走ったのですが、速度表示が道路に直接書いてあったり、表示板として道路脇に立っているものもありますが確認して走ることが大切とお伝えしました。運転は不安と仰る割には中々上手だと思いました。


2回目は前回とは異なる方角から高崎駅に向かい、たまに使用する駐車場に走って来れることを確認して今度は大型公園に行ってバック駐車を主に練習しました。この自家用車にはリバースギアに入れるとコンソールモニターに自動車後部の映像が映し出されハンドルを回すとその軌跡がわかるようになっているので、このような機能も参考に駐車の練習を何度も行いました。ハンドルを切り過ぎる傾向が見られたがこれもモニターを見て切り過ぎが分かったため、ハンドルを反対に戻すことによって動かしたい方向に進めることが次第に理解されて次にかなり遠い駐車場所を決めてそこまでバックで走って停めたりもしてみました。最後に2台の間に1台空いたところに入れる方法を何度も行ってこれで運転は不安が少なくなって買い物や駅に出掛けることが出来そうで良かったと仰って頂きました。

高崎市のペーパードライバー講習は北関東で。

カテゴリ
2020年11月06日掲載

高崎市のペーパードライバーの方はペーパースクール北関東で。

今回の教習レポートは、高崎市にお住まいのペーパードライバー暦6年の女性の方です。

 

お子さんの送り迎えと車通勤ができるようになりたいとのご希望で、お申込みを頂きました。

 

ハンドルを握るのは久しぶりで不安があるとのこと

でしたので、先ずは助手席にご乗車頂いて私の

運転操作を観察して頂くことにしました。高崎しの広い

スペースの駐車場まで向かい、そこで生徒さんに

実際に運転してもらうことにしました。駐車場内を

教習コースのように周回、駐車方法の基本も

指導し、練習して頂きました。すると、想像以上に

早く走行位置、曲がり方、ブレーキングなど、

とても上手にこなせるようになりました。帰路の

せま目のワインディングロードで多少苦労していた

ようですが、対向車とすれ違うときやカーブでは

思い切って減速していいですよとお伝えすると、

その後は安心して運転されているようでした。

 

2~3日目は、高崎のご自宅から職場付近および、
ご実家の方まで運転してもらうことにしました。
初回の指導の甲斐あってか、途中3車線の
国道も難なく走行していました。とても覚えが良く、
安全運転を心がけていれば大丈夫でしょう。
お疲れさまでした。
高崎市のペーパードライバーの方はペーパースクール北関東で。
カテゴリ
2020年10月30日掲載

行田市のペーパードライバーの方は北関東で。

今回のペーパードライバーの方は埼玉県 行田市にお住いの方です。

10時間1日2時間5日コース
1回目 10/21
行田市のバス停にて待ち合わせし、10年程ペーパードライバーで運転していなかったため、あまり車が来ないところまで私が運転してそこで代わって運転することになりました。一通り教習車の扱い方を説明、その後自宅前を運転して、ハンドルやブレーキ、アクセルの感触に慣れて貰いました。

時々左側に寄り過ぎて縁石ギリギリになることがあるので前もって縁石の場所を覚えて踏まないように走ることをお伝えしました。コンビニの駐車場でバックの練習して、ハンドルとタイヤの関係をよく説明したところ、ご理解頂けたので落ち着いて操作すれば後ろ向きに駐車出来ることをお伝えした後、少し交通量の多い道路にも出て走りました。車線変更は少し急ハンドルになるため、何も来ないのを確認後ウィンカーを出してハンドルをゆっくり右に回して車線変更するよう説明しました。また、右折の際、右側を余り見ない様子であったため、右から来る車は早く近づくので特に気を付けて運転することをご理解頂きました


2回目 10/24
行田市の近くを運転してから国道まで走り、車線変更、加速等行いながらまた家に戻り、バックで真っ直ぐ走り、路肩ギリギリに停めるなど行いました。今日も左側に寄り過ぎることがあって走って近づく時に目で見てある程度予測して踏まないように走ることをお伝えしました。車線変更はウィンカーを出してハンドルをゆっくり右に回して右側の車線に移る事が出来ました。
3回目 10/25


行田市近くのショッピングモールの駐車場で駐車の練習をしました。真っ直ぐにバックで停める際にハンドルを行きたい方向に切って修正は反対に回すようにお伝えしましたがなかなか理解することが難しく、運転席側にギリギリになってしまうことが多くなりました。直接目視すると良いですよと言うと、そうでもない様子であまり良くないですかと聞くと、後ろ向きだと目視して見ると反対になってしまうとのこと。何度も何度も行ってみましょうと言うことで10回以上やりました。別にバックギアに入れたままで縁石の周りを何回も回ってみますか?とまず手本を見て貰い、運転を代わってやって貰いましたがハンドルを切り過ぎる傾向があるので真っ直ぐにすることを間に入れてまた同じ方に切って、の繰り返しをやってからまた別な場所に移動して後ろ向きに運転席側の白線に近づくと反対側もよくミラーで見てから大体で良いので同間隔になるようにハンドルを回して上手く停めることができました。


4回目 10/26
少し離れたショッピングモールの駐車場で駐車の練習をしました。ハンドルを右に回しながらバックでアプローチしました。この時左側のミラーを見たりするので左側も良いですが右側のミラーや右側の白線を目視すると簡単であることをお伝えしました。車の向きを左側に向けてのバックや右側に向けてからのバックを行い、左側から下がる場合は左側のミラーを見て近づけてから右側のミラーで並行性と白線からの距離を目視で確認して車止めにタイアが当たるまで下げることが出来ました。またバックではなく前から突っ込む駐車方法でもやりましたが何故か少しだけ右向きになってしまい、これはクセですかね?なんて言いながら、少し真っ直ぐと思う時からさらに左にハンドルを切って停めたらどうでしょうか?とお伝えし最後にご自宅の駐車場で同間隔になるようにハンドルを回して上手く停めることができ終了しました。


5回目 10/28
今日は行田市の一般道を少し肩慣らし程度に走ってから細い道路に入って行きました。またクネクネのカーブや下りの坂道、右左折の交差点を選んで通過しました。1番苦手だと思うのはどんなことかをお聞きしたところ、やっぱりバックでの駐車ですと仰るので少し離れたショッピングモールの駐車場で停めたい場所を行き過ぎてから先頭を少し立てるように向けてハンドルを右に回しながらバックで下がりました。右側のミラーや右側の白線を目視で近づけて、さらに左側のミラーも見て左の白線と車のボディとの間隔、近づく右側の白線とボディの間隔がほぼ同じになるように寄せたあとは右側だけ見て平行になることに専念すると簡単になることをお伝えしましたがなかなか上手くいかないので、何度も前に出て下がる、また前に出て下がるを繰り返しました。駐車場に対して車が左側から右に過ぎてハンドルを右に回して入る方がやりやすいと仰っておりましたのでその方法を主に練習しました。見ていますと切り初めの時は良いのですが白線の枠に後輪が入った後にさらに右に切り込むことが不足することもお伝えして参考にして頂きました。実家の駐車場は向きが逆になるらしく、そのために車の向きを左側に向けてのバックも少し練習しました。最後にご自宅の駐車場でも3回ほど同間隔になるようにハンドルを回して上手く停めることができ終了しました。

行田市のペーパードライバーの方は、ペーパードライバースクール北関東で。

カテゴリ
2020年10月28日掲載

渋川市のペーパードライバースクール北関東です。

今回は渋川市のペーパードライバー歴9年の方です。

群馬県渋川市自宅で待ち合わせし、9年程ペーパーで車は運転していなかったため、一通り教習車の扱い方を説明して、その後運転していただき、近くのショッピングセンターに移動後、バックで駐車場に入れる練習をしました。

17号線を走って行き来する間に車線変更なども実施して分かったことが、右左折の際、かなりスピードが落ちて後ろから突かれる感じがあるのでハンドルだけでなく、アクセルも気にして踏みながらと言うあらゆる箇所に神経を行き届かせる必要がある事をお伝えしそれらの練習をしました。

また、右折の際、右側を余り見ない様子であったため、右から来る車は早く近づくので特に気を付けて運転することをご理解頂いた。また、左折時はアクセルの踏み込みがとても緩いのでもっと踏み込みが必要とお伝えしました。ハンドルとタイアの関係をよく説明したところ、ご理解頂けたので落ち着いて操作すれば後ろ向きに駐車出来ることをお伝えしました。


2回目も群馬県渋川市の自宅で待ち合わせし、今日は教習車でなく本人宅の車を使用したいと言っていたが保険の関係でやはり教習車を使うことになった。高速道路を運転して渋川駅へ行くご要望があり、ナビゲーション設定して高速道路乗る前のチケットの取り方や合流の仕方をお伝えして加速路線を目一杯使い切って右にウィンカーを出して後方から車が来ないことを確認後ゆっくりと入って上手く合流して行きました。

途中でSAに入ってトイレ休憩後、また合流の練習のため、加速後合流して本線に入りました。高崎で降り、前橋駅に向かって行ったのですが大混雑と渋滞のため、どうしても行く必要もないとのことから引き返してきた際に、救急車が来たので左に寄って停車して救急車が左折して前を通り過ぎたため、速やかに直進してその場を去りました。生徒さんには出来るだけ救急車の進路を妨げないようにすることが大切だとお伝えしました。


そしてまた、前橋インターから乗って帰って来ました。

合流までのカーブでは登り坂が多く、この時に速度低下が頻繁に起こるのでなるべくアクセル踏んで速度が落ちないようにすることが大切とお伝えしました。また、一般道では左折時などはアクセルの踏み込みがとても緩慢なのでもっと踏み込んで良いですよとお伝えしました。これからは車をもっと沢山使って行きたいとの感想を仰っておられました。

 

渋川市のペーパードライバーの方はお待ちしております。

カテゴリ
2020年10月26日掲載

茨城県 古河市のペーパードライバープラスです。

茨城県古河市在住ペーパードライバー歴2年の男性です。


高速道路の乗り方や走り方を学びたいとのことで依頼がありました。

谷田部インターから乗り、チケットを取った後、東京方面に行く際、すぐ後ろにいた車にクラクションを鳴らされました。チケットを取るためにゆっくりと寄って、少し遅くなったのが気に入らなかったのか凄い勢いで抜いて行った車でしたがあのようなのは気にしないでとお伝えし、合流は右にウィンカーを出し空いていたため難なく合流出来、合流練習のため、途中守谷SAに入って、また合流して三郷を通過、八潮SAに入った後、合流時は大渋滞していたが手を上げて入らせて貰ってハザードランプ点滅の挨拶し、引き続き大渋滞の中、別な場所で降りることになったが、環八などを走って目的地に到着しました。

途中一般道走行時、交差点を大回りで走るのでもう少し小回りで回ることを勧めました。

また、ブレーキが止まる時にカックンとなるようにかけるので止まる寸前に踏力を緩めてまたすぐにゆっくり踏むと優しいブレーキになることをお伝えしました。再度高速に乗って守谷SAに入ってトイレ休憩後、合流の練習して谷田部インターで降りて春日迄帰ってきました。生徒さんは高速道路を走るのは実家に帰ることが毎週あるのでその前に体験したいとのことでこれがきっかけで走れる気がすると仰っていました。

カテゴリ
2020年10月09日掲載

群馬県渋川市のペーパードライバー講習はペーパードライバースクール北関東で。

今回のペーパードライバーの方は渋川市に住む30代の方です

9年程前にとった免許ですが運転はしたことがないので自信がないとのことです、近くの田畑の周りをゆっくり走って慣らして貰い幹線道路にて車線変更、右折や左折等少しずつハンドル操作もできるようになって来ました。しかし、コーナリング時は対向車線にはみ出ることがあったため、早くハンドルを回しましょうとお伝えしました。また別のよく行くスーパーマーケットで駐車場の白線や車の後端が停めたい駐車場の線を過ぎたらハンドルを切り始めるなどお伝えしました。
2回目は渋川駅へナビ設定してから生徒さん運転で向かいました。また、ショッピングモールの駐車場で、周りに車がない状態で停める場所を決めてからバックで駐車場に入れる練習をしました。左、右から近づく方法や両脇に停まる車の真ん中に最後に入れて何とか左右等間隔になるように停めることが出来ました。
3回目は狭い道路を抜けて走った際、途中トラックや他の自動車が路肩に停車していて、これらを通過するため、どうするか確認していたが1メートル位間隔を取り通過して行ったのを確認出来て補助ブレーキを踏む用意をしていたが大丈夫でした。しかし、交差点では左折する際にかなり左間が空いてしまうのでもっと左に詰めて曲がるようお伝えしました。次に大型の電気店に行き、左右から近づいて後ろ向きに駐車する方法を各々8回ずつ実施して上手に停めることが出来ました。最後に契約している駐車場に移動してバックで入って停める練習を5回ずつ行い、駐車場の地面に貼ってあるロープの真ん中に停める練習を行なって終了しました。この後は自分達の購入した自動車を使って走ったり駐車するのに慣れていきたいですとおっしゃっていました。今回依頼して良かったと言って頂き良かったと思うことが出来ました。

渋川市のペーパードライバーの方は必見です。

カテゴリ
2020年10月01日掲載